クラスTシャツの重要性

今では学園祭や文化祭・体育際など学校の行事やイベントでは欠かせないものになったクラスTシャツ。近年のプリント技術の向上、安価での制作、ファッショナブルになった現代、スマホの普及、こういった背景が今のクラスTシャツ文化を築いたのかもしれません。

自分で書いたデザイン、イラストなどが手軽にTシャツへプリント(制作)できる時代です。

クラス、団体のメンバーで学園際や文化祭・体育際で着るクラスTシャツ(クラT)のデザインを試行錯誤しながら作る、出来上がったクラスTシャツ(クラT)を着てイベントまで練習期間に着用する、そしてイベント当日みんなでお揃いのTシャツを着てイベントを全力で楽しむ。

クラスTシャツ(クラT)は着用するまでの制作期間から「みんなで作る楽しみ」や「団結力」が生まれます。そこから文化祭・体育際といったイベントへの良い思い出作りが始まっているのだと思います。クラスTシャツ(クラT)制作は学生時代の思い出作りの一部を担っているのです。

クラTあるあるをお話します。学生時代に作ったクラスTシャツ(クラT)、学生を卒業後のある大掃除の際にクローゼットの中か学生時代に作ったクラスTシャツ(クラT)がでてきました。思い出は人それぞれかもしれません、良い思い出も、良くない思い出もクラスTシャツ(クラT)を見た時に、その時の思い出がフラッシュバックするのです。昔良く聴いていた曲を久しぶりに聴くとその時を思い出す、それと同じ現象だと思います。それだけ大事な存在なのです。

オリジナルで作った物というのは思い出深いのでしょう。

キャベッジではご注文頂いたTシャツを作るだけとは考えておりません。「良いTシャツと良い思い出」を作れるようお手伝いをさせて頂きたいと思っております。